PC setting

パソコン設定

パソコンに必要な各種設定について


大事にしている考え方

必要な設定もおまかせ

 
 
 

各種設定

初期設定

パソコンは購入後すぐ使用することはできません。Windowsの初期設定が必要です。画面に表示される指示に従って進行すればよいのですが、どちらを選択するか迷う項目が多く、初心者にはハードルが高いです。誤った設定のせいで、起動は出来ても後々不具合が起こることも少なくありません。MSオフィスも以前のようにCDが付属していません。マイクロソフトアカウントを新規登録後ダウンロード設定が必要です。この登録手続きの中で、本人確認のためのセキュリティ情報(メール、電話)を追加しSMSでテキストメッセージを受け取るのか、それとも音声通話でコードを受け取るのかを選択し、受け取ったコードを入力する必要があります。また最新のWindowsへの更新も必要で、かなりの時間を要します。

周辺機器接続設定

パソコンに接続して使用する周辺機器も多く、設定しないと動作しません。プリンターもUSBケーブルで接続後ドライバーを手順通りインストール設定後始めて印刷が可能になります。無線接続では無線ルータとの接続も必要です。最近のマウスキーボードはブルーツルース接続タイプが多く、パソコン側の設定でブルーツルース追加登録を行わないと動作しません。

インターネット接続設定

パソコンをインターネット接続する設定が必要です。回線業者とプロバイダーとの登録後、送付されてくる接続IDと接続パスワードを使用し、ルーター側へ設定を行います。無線接続(Wifi)の場合は無線でのアダプター接続後、無線の暗号化キーを入力して接続します。メーラー(メールを受信したりメールを作成送信するアプリ)への設定が必要です。

セキュリティー設定

パソコンをネットに接続する場合必須なのが、このセキュリティ対策です。セキュリティ対策ソフトをインストールします。はじめての場合は新規ユーザー登録も必要になります。有効期限はおもに1年・3年がありますが、3年版のほうが費用対効果はよいです。ウイルスのタイプにはパソコンの動作に影響を与えるタイプと偽装警告画面から身代金を要求するタイプや内部に侵入して常時パソコン内のデータをスキャンして盗むタイプがあります。最近よく耳にするオレオレ詐欺や巧妙な手口で狙われる事件が多発していますが、そのターゲットになる可能性があるのがコンピュータウイルスの怖いところです。

LAN接続設定

パソコンが複数台存在し1台のネットワークプリンターを共有して使用する。NASを利用しデーター一括管理して共有化する。一つのインターネット回線で全てのPCからネット接続を可能にする。企業にとって重要なのがLAN構築です。家庭内でもディスクトップパソコンとノートパソコン2台持ちでプリンタ一を共有し印刷する。ノートパソコンのデータをディスクトップへUSBメモリなどを使用せずコピーしたり移動が可能になります。当社は家庭内から大規模LAN構築に対応いたします。